韓国ドラマ花郎(ファラン)のあらすじ全話と感想を紹介

花郎-ファラン

韓国ドラマ《花郎-ファラン》15話あらすじ&感想

更新日:

韓国ドラマ《花郎-ファラン》のあらすじ全話を最終回まで、感想を交えながらお伝えしています。こちらは《花郎-ファラン》15話のあらすじをネタバレ内容もありと感想をご紹介!

そのほか韓国ドラマ花郎-ファランあらすじ感想、キャスト情報、視聴率、動画、DVDなどの情報もお届けします。

韓国ドラマ花郎(ファラン)のあらすじ全話一覧

韓国ドラマ《花郎-ファラン》15話 あらすじ

ヨンシルの悪巧みで、花郎の中に王がいることを太子に知られてしまいます。

花郎たちの中にいる王が名乗りでないと、新羅の人を殺すと言う太子。アロと民の命を守るため、自分が王だと名乗り出たソヌ。

名乗り出ることができなかったジディは自責の念に駆られます。

スホは牢獄を脱出してソヌと共に戦おうとしますが、パク・ヨンシルの養子パンリュは戦の火種を作るべきではないと反対します。

一方、ソヌは王子としての面子を保てと太子を挑発します。ただ殺すのではなく、一対一の勝負をしてみろと提案するのでした。

太子とソヌは命懸けの剣術対決をすることになります。戦いが始まる前、太子の部下に腕を切られて不利になったソヌは、太子の刀をあちこちに受けて傷だらけ。

それでも、なんとかソヌが勝ち太子は自分の負けを認めます。新羅に侵略しないことを約束し、百済にやって来た花郎たちの安全も確約してくれたのでした。

ところがアロは盗人なので釈放しないと言います。ソヌとジディは牢屋を壊してアロを逃がします。これは太子の策略で、太子は盗人を捉える口実で花郎たちを襲おうと考えていました。

その頃、只召太后とウィファは使節団が危機に陥ったことを知り、助けを送ろうとしていました。

《花郎-ファラン》15話 感想-ネタバレ注意

スホは牢獄を脱出してソヌと共に戦おうとしたのに、パンリュは反対しました。パク・ヨンシルの養子だから、裏切ることができないのでしょうか。やっぱりミンホが演じるスホは、凛々しくてかっこいいですね。

血だらけになって戦ったスヌですが、どこまでも向かっていこうという姿勢。相手は百済の王子なんですが大丈夫なんでしょうか。この後が心配になります。

最後までお読みいただきありがとうございます!《花郎-ファラン》のあらすじは下記からジャンプできます!

韓国ドラマ花郎-ファランのあらすじネタバレ&感想

《花郎-ファラン》15話の主なキャスト

ソヌ(ムミョン)役 パク・ソジュン
ジディ/サムメクチョン役 パク・ヒョンシク
アロ役 Ara(アラ)
スフ役 ミンホ(SHINee)
ハンソン役 V(防弾少年団)
パンリュ役 ト・ジハン
ヨウル役 チョ・ユヌ
チソ(只召)太后役 キム・ジス
ウィファ役 ソン・ドンイル
アンジ役 チェ・ウォニョン
マンムン役 イ・グァンス
スンミョン王女役 ソ・イェジ
タンセ役 キム・ヒョンジュン

韓国ドラマ《花郎-ファラン》の動画

韓国ドラマ花郎(ファラン)

韓国ドラマ《花郎-ファラン》キャスト・相関図あり

-花郎-ファラン
-, , , , , ,

Copyright© 韓ドラnavi , 2018 All Rights Reserved.