韓国ドラマ花郎(ファラン)のあらすじ全話と感想を紹介

花郎-ファラン

韓国ドラマ《花郎-ファラン》20話最終回あらすじ&感想

投稿日:

韓国ドラマ《花郎-ファラン》のあらすじ全話を最終回まで、感想を交えながらお伝えしています。こちらは《花郎-ファラン》20話最終回のあらすじをネタバレ内容もありと感想をご紹介!

そのほか韓国ドラマ花郎-ファランあらすじ感想、キャスト情報、視聴率、動画、DVDなどの情報もお届けします。

韓国ドラマ花郎(ファラン)のあらすじ全話一覧
韓国ドラマ《花郎-ファラン》キャスト・相関図あり

韓国ドラマ《花郎-ファラン》20話最終回 あらすじ

ソヌに剣を突き付けられたジディは自分を斬れと迫ります。そして「一緒に新羅を変えたかった」と伝えるのでした。

ソヌはジディの腕飾りを斬って、これで貸し借りなしだと告げます。ソヌはジディに「お前を何度も殺したいと思った…」「お前が王じゃないことを願っていた」と言います。

ジディも、「歩む道が違うからこれで終わりにしよう」とと言い、2人は別々の道を歩むことを選ぶのでした。

その頃、パク・ヨンシルは真興王を引きずり下ろし、ソヌを王位に就けて新羅を操ろうと目論んでいました。

ソヌはフィギョンと共にパク・ヨンシルの元を訪れ、新羅の王を変えると宣言します。一方、ジディに人質として監禁されていたアロは、無事解放されます。

全てが終わったあと、ソヌはアロに会いに行き、プロポーズするのでした。

《花郎-ファラン》20話 感想-ネタバレ注意

アロがジディに監禁されたのには、驚いてしまいました。アロを盾にされたら、ソヌは降伏しかありません。なんて汚いんだ!ジディ!!

でも、これは誤解でした、ジディはアロを守るためにしたことだったのですね。最後はアロのための行動を露れてよかったですね。

サムメクチョンがソヌに言った「強い国を作る」という言葉。「お前を失望させるわけにはいかない。必ず新羅を変えて見せる」立派な王になってほしいですね。

ソヌも花郎として残ることを選びます。良い選択ができました!いろいろあったけど、幸せになったソヌとアロは本当によかったですね。(ハンソンが途中で死んでしまったのは残念ですが)

とりあえずハッピーエンドで終わったのでよかった♪

最後までお読みいただきありがとうございます!《花郎-ファラン》のあらすじは下記からジャンプできます!

韓国ドラマ花郎-ファランのあらすじネタバレ&感想

《花郎-ファラン》20話最終回の主なキャスト

ソヌ(ムミョン)役 パク・ソジュン
ジディ/サムメクチョン役 パク・ヒョンシク
アロ役 Ara(アラ)
スフ役 ミンホ(SHINee)
ハンソン役 V(防弾少年団)
パンリュ役 ト・ジハン
ヨウル役 チョ・ユヌ
チソ(只召)太后役 キム・ジス
ウィファ役 ソン・ドンイル
アンジ役 チェ・ウォニョン
マンムン役 イ・グァンス
スンミョン王女役 ソ・イェジ
タンセ役 キム・ヒョンジュン

韓国ドラマ《花郎-ファラン》の動画

韓国ドラマ花郎(ファラン)

韓国ドラマ《花郎-ファラン》キャスト・相関図あり

-花郎-ファラン
-, , , , , ,

Copyright© 韓ドラnavi , 2018 All Rights Reserved.