韓国ドラマ花郎(ファラン)のあらすじ全話と感想を紹介

花郎-ファラン

韓国ドラマ《花郎-ファラン》14話あらすじ&感想

更新日:

韓国ドラマ《花郎-ファラン》のあらすじ全話を最終回まで、感想を交えながらお伝えしています。こちらは《花郎-ファラン》14話のあらすじをネタバレ内容もありと感想をご紹介!

そのほか韓国ドラマ花郎-ファランあらすじ感想、キャスト情報、視聴率、動画、DVDなどの情報もお届けします。

韓国ドラマ花郎(ファラン)のあらすじ全話一覧

韓国ドラマ《花郎-ファラン》キャスト・相関図あり

韓国ドラマ《花郎-ファラン》14話 あらすじ

アロはソヌに避けられ、自分のことよりも叔明公主が好きなのかと悩んでいました。

アロはソヌに「使節団に志願したのは叔明公主のためだったのか」と尋ねます。ソヌは正直な気持ちをアロに明かし、抱き締めます。

一方ジディは、少しずつ王としての自覚が芽生え始めていました。

南扶余へ向かう道で、花郎たち一行は、南扶余への贈り物を盗賊に奪われてしまいます。しかし、叔明公主は新羅には戻らず、そのまま南扶余に向かうと決断します。

南扶余に到着した叔明公主と花郎たちは、百済の王に謁見しますが、屈辱的な仕打ちを受けます。さらに、南扶余の太子・昌(チャン)は叔明公主に、自分との婚姻によって和睦を結ぼうと言います。

アロは、盗賊に間違われ、投獄されてしまいます。ソヌ達は助けようとしますが、一緒にとらわれてしまいます。

一方、パク・ヨンシルの養子パルリュはヨンシルから預かった書状を太子に渡します。そこには花郎の中に王がいるので処分してくださいと書かれていました。

《花郎-ファラン》14話 感想-ネタバレ注意

せっかく百済にたどり着いたのに、花郎たちはひどい目にあってしまいます。さらにアロまで捕らえられてしまい、これで親善の役目が務まるのか心配になります。

ことを荒げると、せっかく和平を結ぶために行ったのに台無しになってしまいます。ひどい目にあってもぐっと我慢しなければなりません。

そうは言っても、アロを助け出さないといけないし、花郎の中の誰かが命を狙われそうですし、どうして次から次へと困難がやってくるのでしょうか…ハラハラドキドキで次を見ないわけにはいきません!

最後までお読みいただきありがとうございます!《花郎-ファラン》のあらすじは下記からジャンプできます!

韓国ドラマ花郎-ファランのあらすじネタバレ&感想

《花郎-ファラン》14話の主なキャスト

ソヌ(ムミョン)役 パク・ソジュン
ジディ/サムメクチョン役 パク・ヒョンシク
アロ役 Ara(アラ)
スフ役 ミンホ(SHINee)
ハンソン役 V(防弾少年団)
パンリュ役 ト・ジハン
ヨウル役 チョ・ユヌ
チソ(只召)太后役 キム・ジス
ウィファ役 ソン・ドンイル
アンジ役 チェ・ウォニョン
マンムン役 イ・グァンス
スンミョン王女役 ソ・イェジ
タンセ役 キム・ヒョンジュン

韓国ドラマ《花郎-ファラン》の動画

韓国ドラマ花郎(ファラン)

韓国ドラマ《花郎-ファラン》キャスト・相関図あり

-花郎-ファラン
-, , , , , ,

Copyright© 韓ドラnavi , 2018 All Rights Reserved.