韓国ドラマ花郎(ファラン)のあらすじ全話と感想を紹介

花郎-ファラン

韓国ドラマ《花郎-ファラン》13話あらすじ&感想

更新日:

韓国ドラマ《花郎-ファラン》のあらすじ全話を最終回まで、感想を交えながらお伝えしています。こちらは《花郎-ファラン》13話のあらすじをネタバレ内容もありと感想をご紹介!

そのほか韓国ドラマ花郎-ファランあらすじ感想、キャスト情報、視聴率、動画、DVDなどの情報もお届けします。

韓国ドラマ花郎(ファラン)のあらすじ全話一覧

韓国ドラマ《花郎-ファラン》キャスト・相関図あり

韓国ドラマ《花郎-ファラン》13話 あらすじ

ジディが王だと気がついてソヌは、ジディに剣を向け「おまえが王なのか」と問い詰めます。

止めに入ったアロを見て、かっとなったソヌ。混乱したはずみでアロを剣で傷つけてしまいます。正気を取り戻したソヌは動揺して、アロを残して逃げ去ってしまいます。

そんな中、国境付近では南扶余(百済)の挑発が続いていました。パク・ヨンシルは、南扶余と和平を結ぶか戦をするかを決定するよう只召太后に迫ります。

訓練の後、アロに対するソヌの態度は再び冷たくなっていました。会話もなく、お互いの気持ちがわからなくなって、アロは思い悩むのでした。

只召太后は和親のため、軍隊ではなく叔明公主と花郎を使節団として南扶余に派遣すると宣言します。アロは叔明公主に医者として同行するように命じられるのでした。

《花郎-ファラン》13話 感想-ネタバレ注意

ソヌはジディをかばったアロのことがわからなくなってしまいます。やっと見つけた仇なのに、ジディは王様ではないと言っているし。さらにアロを木津つけてしまった自分も許せないのでしょうね。

お互いにすれ違ってしまい、そのあいだに叔明公主が割り込んできました!どうなることでしょうか。ジディも積極的ですし、この兄妹は似た者同士なのかもしれませんね。

ますます気になる展開になってきました!

最後までお読みいただきありがとうございます!《花郎-ファラン》のあらすじは下記からジャンプできます!

韓国ドラマ花郎-ファランのあらすじネタバレ&感想

《花郎-ファラン》13話の主なキャスト

ソヌ(ムミョン)役 パク・ソジュン
ジディ/サムメクチョン役 パク・ヒョンシク
アロ役 Ara(アラ)
スフ役 ミンホ(SHINee)
ハンソン役 V(防弾少年団)
パンリュ役 ト・ジハン
ヨウル役 チョ・ユヌ
チソ(只召)太后役 キム・ジス
ウィファ役 ソン・ドンイル
アンジ役 チェ・ウォニョン
マンムン役 イ・グァンス
スンミョン王女役 ソ・イェジ
タンセ役 キム・ヒョンジュン

韓国ドラマ《花郎-ファラン》の動画

韓国ドラマ花郎(ファラン)

韓国ドラマ《花郎-ファラン》キャスト・相関図あり

-花郎-ファラン
-, , , , , ,

Copyright© 韓ドラnavi , 2018 All Rights Reserved.