韓国ドラマ花郎(ファラン)のあらすじ全話と感想を紹介

花郎-ファラン

韓国ドラマ《花郎-ファラン》12話あらすじ&感想

更新日:

韓国ドラマ《花郎-ファラン》のあらすじ全話を最終回まで、感想を交えながらお伝えしています。こちらは《花郎-ファラン》12話のあらすじをネタバレ内容もありと感想をご紹介!

そのほか韓国ドラマ花郎-ファランあらすじ感想、キャスト情報、視聴率、動画、DVDなどの情報もお届けします。

韓国ドラマ花郎(ファラン)のあらすじ全話一覧

韓国ドラマ《花郎-ファラン》キャスト・相関図あり

韓国ドラマ《花郎-ファラン》12話 あらすじ

“花中在王”という掛け軸の文字を目にした花郎たち。ソヌかジディが王なのではないかという噂が飛び交います。ウィファ公は、ジディが王ではないかと考えていました。

ジディは、ばれてしまった…と落ち込みます。スンミヨン王女はあなたが私の兄上か?とソヌに尋ねます。

そんな中、ソヌは親友を殺した王を捜し始めます。ジディは、ソヌに王を捜す理由を尋ねるのでした。

一方、只召太后はジディの正体が明るみに出ることを恐れていました。スホを呼んで密令を下す。

叔明公主の指揮下で、花郎同士の命を懸けをかけた訓練が始まります。この訓練では本物の刀を使って武芸を競い合うことになっていました。武芸が得意でない花郎達は訓練を恐れ、後悔します。

パク・ヨンシルはこの訓練を利用して、ソヌが王か否かを確かめようとします。さらに只召太后は密かにアロを殺すよう、スンミョンに指示を出します。

《花郎-ファラン》12話 感想-ネタバレ注意

ジディは王だと知られたかもと悩む姿は気の毒でした。顔をずっと隠して生きてきたわけですが、知る人は只召太后とアロだけのようです。実の妹のスンミヨン王女も知らなかったのですね。

スンミョン王女が考えた特別訓練、本物の刀を使ってだなんて、危険すぎます。そこまでして、花郎に残りたい人ばかりではないですよね。

とうとうソヌは、ジディが王だと気がついてしまいます。素性がわからないのはジディしかいませんから無理もありません。ソヌはジディをどうするつもりなのでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます!《花郎-ファラン》のあらすじは下記からジャンプできます!

韓国ドラマ花郎-ファランのあらすじネタバレ&感想

《花郎-ファラン》12話の主なキャスト

ソヌ(ムミョン)役 パク・ソジュン
ジディ/サムメクチョン役 パク・ヒョンシク
アロ役 Ara(アラ)
スフ役 ミンホ(SHINee)
ハンソン役 V(防弾少年団)
パンリュ役 ト・ジハン
ヨウル役 チョ・ユヌ
チソ(只召)太后役 キム・ジス
ウィファ役 ソン・ドンイル
アンジ役 チェ・ウォニョン
マンムン役 イ・グァンス
スンミョン王女役 ソ・イェジ
タンセ役 キム・ヒョンジュン

韓国ドラマ《花郎-ファラン》の動画

韓国ドラマ花郎(ファラン)

韓国ドラマ《花郎-ファラン》キャスト・相関図あり

-花郎-ファラン
-, , , , , ,

Copyright© 韓ドラnavi , 2018 All Rights Reserved.